スズメバチバスター 粘着シート

製品特徴

  • 本品は強力な粘着剤を使用したスズメバチ捕獲用粘着シートです。
  • 本品に使用されている粘着剤は薬剤を使用しておりませんので、毒性がなく安全に使用していただけます。
  • 防水性の台紙を採用しているため、雨天の屋外でも使用できます。
  • 黒の粘着シートでハチの誘引効果を高めます。
    ※ハチは黒色にむかって積極的に攻撃する習性を持っています。
  • 被害の増える秋口に設置する以外にも、春に使用することで女王蜂を捕獲し、巣作り防止にも効果を発揮します。また、巣の駆除後の戻りバチ対策にも効果があります。
  • 吊るして設置する以外にも、平置きなど設置場所に合わせて使用できます。
  • 本品は低温時から高音時まで温度差の影響を受けにくく、強力な粘着力が持続します。
  • ハチ(スズメバチ、アシナガバチなど)の捕獲以外に、ハエやガ、コガネムシなどの害虫の捕獲、駆除にも効果があります。

使用方法

sheet_1

吊り下げる

本体の穴部分に付属のフックを通し、巣の近くやハチを良く見かける場所周辺の木・フェンスなどに吊るしてください。
※吊り下げフックは確実に固定してください。

sheet_3

置く

商品を開き、巣の近くやハチを良く見かける場所周辺に設置してください。平置きする場合は地面より1m程度高い位置に設置してください。

回収

ハチがまだ生きている場合は、市販の殺虫剤などを使用し確実に駆除してから折り畳み、回収・処分してください。ムシや枯れ葉などが、粘着面全体に付着してきた時期を目安として回収してください。
※設置・回収の際は、皮膚が露出しない服・手袋・長靴・保護メガネなど•(いずれもハチの針が貫通しないもの)を着用し、ハチが飛んでいない時間帯に設置してください。

ワンポイントアドバイス

別売りの誘導捕獲タイプの【スズメバチバスター】と併用すると、より駆除効果が高まります。
併用する場合はボトルを囲うように本品を設置してください。

hornet_1

手順1

スズメバチバスターのキャップ部分にクリスタルロックを3本通し、それぞれしっかりと両端をかみ合わせます。

hornet_2

手順2

スズメバチバスターの誘引剤を説明書にそって希釈し、キャップをしっかりとしめます。

hornet_3

手順3

粘着シートを2枚とも開き、ボトルの周囲を覆うように粘着シートを前後に広げます。

hornet_4

手順4

粘着シートの上部の穴にクリスタルロックを1本通し、ロックの両端をかみ合わせずにもち、キャップに通した3本のうち1本にくぐらせます。くぐらせた状態で反対側のシート上部の穴にロックの片側のみ通して端部をしっかりと噛み合わせます。

hornet_5

手順5

4の作業を粘着シートの左右それぞれ行います

hornet_6

手順6

キャップに通した3本のうち残った1本が吊りさげ用になります。

*作業は1人でもできますが、2人で作業するとより簡単に組み合わせることができます。
*組み合わせの際は、粘着面が手や周囲に付着しないよう充分注意して作業してください。

使用上の注意

  • 荒天時は事前に本品を回収してください。
  • スズメバチは大変危険な生物です。設置・回収の際は十分に注意してください。
  • 本品は巣を駆除する商品ではありません。
    巣を直接攻撃しないでください。
  • 必ず屋外に設置してください。
  • 捕獲量は周囲の環境やハチの種類によって変化します。
  • お子様やペットに粘着剤が絶対に触れないよう注意してください。
  • 極端に低温や高温な場所では粘着力が低下する場合がありますので注意してください。(最適温度は5℃〜40℃)
  • 誤って手や衣服に粘着剤が付着した場合は食用油(サラダ油、オリーブオイル)でていねいに拭き取った後、石鹸などでよく水洗いしてください。
    ※万が一、ペットに付着してしまった場合はマヨネーズや食用油などを使い拭き取ってください。
  • 体に何らかの異常を感じた場合は医師に相談してください。受診の際はこのパッケージを持参してください。
  • 使用後は衛生上早めに処理してください。処理の際は各自治体の廃棄方法に従ってください。
  • 直射日光や湿気、高温・凍結する場所を避け、小児やペットの手の届かない場所に保管してください。

商品概要

内容

単品サイズ 215mm × 335mm
粘着シート 2枚
吊り下げフック 4本

成分

粘着剤ポリブテン
リングPP